ビーポーレンのココがスゴイ!

ビーポーレンとは、耳慣れない商品だと思う日本人の方も多いと思います。

 

「Bee(蜂)」+「Polle(花粉)」で直訳すると蜂の花粉というような意味合いです。

 

スーパーフードとして話題のビーポーレンですが、ミツバチが集めた花粉のことです。

 

花粉と言っても単なる花粉ではなく、ミツバチが分泌した酵素がからめてあるため栄養価が高いのです。

 

日本では、蜂蜜やローヤルゼリーなどは栄養価が高いことで有名ですが、ビーポーレンはかなり栄養価において優れています。

 

ビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類、酵素類、その他の栄養素を非常に多く含んでいます。

 

ビーポーレンの効果としては、疲労回復、滋養強壮、貧血、花粉症、ぜんそく、鼻炎、便秘、下痢などに効果が期待できます。

 

ただ、花粉症やアレルギーなどに関しては、逆効果になる場合もあるので様子を見ながら量を調節していきましょう。

 

硬くて黄色い粒状なので、サラダのトッピングにしたり、ヨーグルトに混ぜたりして気軽に栄養強化に利用できます。

 

花粉症の方の口コミでは、耳鼻科に行かなくて済んだという意見もありましたが、個人差があるようです。


ビーポーレンの成分は?

ビーポーレンって日本人にはあまり聞きなれない方が多いと思いますがすでに海外では多く取り入れられているスーパーフードです。

 

ミツバチが集めた花粉のことで優れた栄養価があるということで特に海外では知られています。

 

ミツバチは花から集めた花粉を巣に持ち帰る際に特殊な酵素を出して花粉を絡めます。

 

ハチの天然酵素と花粉からビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類、酵素類、その他の成分など非常に多くの栄養素を摂取することができまます。

 

ビタミン類だけでもビタミンA、ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、B15、B17、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンH、、ビタミンK、ビタミンP、コリン、イノシトール、葉酸、リノール酸が摂取できます。

 

アミノ酸類は、リジン、メチオニン、フェニールアラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、スレオニン、トリプトファン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アラニン、ブロリン、ヒスチジン、セリン、シスチン、イソレクチン、ヒドリキシルプロリンが摂取できます。

 

、ミネラル類はヨウ素、コバルト、セレン、ホウ素、臭素、ケイ素、モリブデン、フッ素、銅、クロム、亜鉛、マンガン、鉄、マグネシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、カリウム、イオウ、シリコン、チタニウム、ホタシウム、スズなども摂取できます。

 

蜂蜜やプロポリスなどは日本でも広く認知されていますが今後はビーポーレンが話題を集めるかも知れません。

ビーポーレンを摂取する効果は?

ビーポーレンには、優れた栄養素がふんだんに入っています。

 

特に花粉症やアレルギー症状の対策としてビーポーレンを取り入れている方が多いようです。

 

実際に今までは薬を飲まないとつらかった花粉症がビーポーレンを飲んだら薬を飲まずに済んだという方もいます。

 

しかし、ビーポーレンには相性があるようで、花粉症やアトピーが悪化する場合もあるので飲み初めは慎重に様子をみましょう。

 

貧血の改善、滋養、体力の回復、精神安定、美肌、アレルギー疾患、前立腺肥大症、更年期障害、骨粗鬆症、ガン、高血圧、動脈硬化、貧血、肉体疲労、便秘などに効果が期待できます毎日なんとなくだるい方、大病をして体力を回復したい方、更年期で骨粗鬆症やイライラが気になる方、アンチエイジングに関心のある方などにお勧めです。

 

現代人は、食事を食べてもカロリーは摂っても慢性的にビタミンやミネラルが不足しがちです。

 

病気になる前に栄養素に関心を持ってビーポーレンなどの栄養価の高い食品を食事に取り入れるというのはとても良いことです。

 

味はほんのり甘く硬いので、ヨーグルトやサラダ、スムージーのトッピングなどに最適です。

 

スーパーフードの健康効果トップページへ戻る