ココナッツのココがスゴイ!

ココナッツは、2015年にスーパーフードとして日本でもかなり人気に火が付きました。

 

ココナッツオイル、ココナッツミルク、ココナッツチップスなど色んなココナッツの商品が通販やスーパー、百貨店などでも人気です。

 

特にココナッツオイルは、通販でも品薄になって入手困難になるほどの爆発的なヒット商品になりました。

 

なぜ、そんなにココナッツオイルが人気になったのかと言いますと、ハリウッドセレブもこぞって愛用しているスーパーフードだからです。

 

ココナッツオイルに含まれているのは、高鎖脂肪酸ではなく中鎖脂肪酸です。

 

中鎖脂肪酸は、ココナッツオイル、パーム油、母乳、牛乳などの一部の食品にしか含まれない油脂です。

 

一般的な油と比べて約5倍も早くエネルギーに変わるため、ダイエット中に摂取する油脂分にも最適です。

 

メタボリックシンドローム対策や中年太りなどを防止するためにも最適です。

 

マーガリンなどにはトランス脂肪酸が含まれていて、アメリカでは使用禁止にまでなったほどです。

 

しかし、脂抜きダイエットは健康や美のためにも悪影響です。

 

ココナッツは、とても体に良い油脂分で構成されています。

 

健康や美に関心のある方は、ココナッツオイルをトーストに塗ったり、料理に油の代わりに使われることが増えています。


ココナッツの成分は?

最近、スーパーフードとして話題になったココナッツですが、どんな成分が含まれているのでしょうか。

 

ココナッツの主成分は脂肪ですが飽和脂肪酸を主とした脂質が多く含まれている中鎖脂肪酸です。

 

ミランダ・カーも愛用しているということで話題ですが、ココナッツオイルを摂取すると冷え性が改善するというデータもあります。

 

女性の大半は冷え性で悩んでいますから、バターやマーガリンなどをココナッツオイルに置き換えるだけでもメリットがあります。

 

トーストにバターやマーガリンの代わりにココナッツオイルを塗ったり、料理に使うという方法もあります。

 

ココナッツの成分のおよそ半分は、「ラウリン酸」で構成されています。

 

ラウリン酸は母乳の主成分でもあるので、子供から大人まで安心して食べることができます。

 

ただ、植物なのでアレルギーを持っている場合には、食べることはできません。

 

ココナッツには、ココナッツオイル、ココナッツバター、ココナッツミルク、ココナッツウォーター、ココナッツシュガーなどもあります。

 

ココナッツオイルは、便秘解消にも使えますし、肌や髪に直接塗って美容に使っている女性もいます。

 

他にカリウム、マグネシウム、鉄分、葉酸、食物繊維が含まれています。

ココナッツを摂取する効果は?

ココナッツを摂取するとどんな効果が期待できるのでしょうか。

 

アメリカのスーパーセレブもこぞって愛用しているココナッツですが、女性特有の悩みである冷え性を70%も解消できたというデータがあります。

 

トランス脂肪酸が含まれていないので安心して使えるので、バターやマーガリンの代替として使う方が増えています。

 

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸は、吸収が早く肝臓で素早く分解され、蓄積しないという特徴があります。

 

つまり、太りにくい脂なのでダイエットしたい女性や、中高年のメタボ対策にも有効な油脂ということになります。

 

これまでのダイエットって、油脂を抜くようなダイエット法が多かった印象があります。

 

健康的なココナッツオイルを摂取することで良質な油脂分を摂取できる効果が期待できます。

 

また、カリウム、マグネシウム、鉄分、葉酸、植物繊維などを豊富に含んでいます。

 

カリウムは体内から塩分を排出する効果、マグネシウムには血糖値を正常化しエネルギー代謝や血圧調整する効果が期待できます。

 

鉄分は貧血予防に効果が期待できますし、葉酸は妊婦には特に重要な成分だと言われていますが、胎児の奇形や心臓病、ガン、貧血にも効果が期待できます。

 

食物繊維は、便通改善などお通じの悩みにも効果が期待できます。

 

スーパーフードの健康効果トップページへ戻る