チアシードのココがスゴイ!

チアシードは、ミランダ・カーなどのアメリカのスーパーセレブが愛用しているということで話題になりました。

 

スーパーフードの一種で、チアシードだけで豊富な栄養素をまんべんなく摂取することができます。

 

日本でも以前からダイエットフードなどに含まれるなどしてダイエットに関心のある人はチアシードを利用したことがある女性もいると思います。

 

最近、日本でもメディアなどで頻繁に取り上げられたことから話題になって、通販でも人気商品になっています。

 

チアシードとは、乾燥させたチアの種子のことで、黒いチアシードが多く出回っていますが、ホワイトチアなども売られています。

 

水分に加えると10倍に膨らむので、食べ過ぎ防止の意味合いでもダイエットに人気があります。

 

チアシードには、たんぱく質、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、オメガ3脂肪酸(ALA)が豊富に含まれています。

 

朝食のスムージーにチアシードを加えることによって、栄養価が高まり、健康的に美肌を保ちながらダイエットをすることが可能です。

 

ヨーグルトに加えたり、クッキーやパンに練りこんで子供からお年寄りまで幅広く栄養補給にも最適です。


チアシードの成分は?

ハリウッドセレブのミランダ・カーが愛用しているというチアシードは日本でも瞬く間に人気になりました。

 

なぜ、そんなに人気なのかチアシードの成分について検証してみました。

 

チアシード大さじ一杯はおよそ10gでエネルギーは49キロカロリーです。

 

成分は、「たんぱく質 1.6g」、「食物繊維 3.4g」、「カルシウム 63mg」、「マグネシウム 34mg」、「亜鉛 0.46g」、「鉄 0.77mg」、「オメガ3脂肪酸(ALA) 1.78g」です。

 

タンパク質は人間の体を構成している成分で水分に次いで多いで多いのがタンパク質です。

 

人間はタンパク質不足だと、筋量が減って基礎代謝も落ちてしまいますし、肌や内臓、髪の毛、爪などが劣化する原因にもなります。

 

食物繊維は現代人に不足していると言われている栄養素で便通などにも効果があります。

 

カルシウムは骨や歯を構成する要素で特に更年期の女性や年配の方には不足しがちですが、ダイエットしている若い女性も欠乏しています。

 

マグネシウムは、 骨粗鬆症予防、筋肉の収縮、不安・不眠・うつなど神経のトラブルの解消に効果が期待できます。

 

亜鉛は、男性ホルモンを合成する上で欠かせない成分ですが、女性の不妊はもちろん、免疫力アップにも役立ちます。

 

鉄は、貧血予防に効果があり、特に不足しがちな女性にとっては有効な成分です。

 

オメガ3脂肪酸(ALA)は、α-リノレン酸のことで青魚に含まれているDHAやEPAを豊富に含んでいます。

チアシードを摂取する効果は?

チアシードを摂取する効果はどんなところにあるのでしょうか。

 

以前、テレビ番組で医師が言っていたのですが、毎日、優れた食事を摂取している人がチアシードを摂取してもあまり意味が無いかも知れないということでした。

 

つまり、3食バランスの良い食生活を毎日送っている人にとっては、特に必要のない成分です。

 

しかし、ジャンクフード、ファストフード、コンビニ弁当やお惣菜など栄養の偏った食生活を送っている人には効果が期待できます。

 

また、ダイエット中で栄養不足の人や、偏食がちで野菜が食べられない人や魚が苦手な人などにも効果が期待できます。

 

チアシードには、たんぱく質 1.6g、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、オメガ3脂肪酸(ALA)などが豊富に含まれています。

 

食物繊維はデトックス効果を発揮し、牛乳を嫌いな方やダイエット中の方でも豊富なカルシウムを摂取することでイライラ予防や骨粗鬆症予防にもつながります。

 

オメガ3脂肪酸は脂の中でもコレステロール値を下げたり脳を活性化する働きを持っています。

 

普段脂抜きダイエットをしている方にも低カロリーで良質な油脂分を補う効果が期待できます。

 

スーパーフードの健康効果トップページへ戻る