利尻昆布シャンプーの「染まらない」口コミが多い理由

利尻昆布シャンプーの「染まらない」口コミが多い理由

利尻昆布シャンプーを使ってみましたが、白髪は染まっていますし、その後も自然な髪色がキープできています。

 

こんな良い白髪染めなのに、なぜ「利尻昆布シャンプーは染まらない」という口コミが一定数あるのでしょうか?

 

染まっている人と染まっていない人の口コミを比較してみたり、利尻昆布シャンプーを紹介しているサイト、メーカーの公式ストアなどを色々と見ながら、低評価の口コミがある理由について考察してみました。

 

「染まらない」口コミが多い理由は次の3つに集約されるのではないかと思います。

 

使い方を間違えている(泡立て不足、量が少ない、等)
利尻ヘアカラートリートメントと比較している
継続して使用していない

 

使い方を間違えている(泡立て不足、量が少ない、等)

 

これが一番多いと思いますが、利尻昆布シャンプーを間違って使っていることで白髪をうまく染められていないケースが多いようです。何でもそうですが、きちんと使用方法を守らないと効果は発揮できません。

 

中でも、染まらない理由としては大きく2つ。シャンプーの泡立てが不足していることと、使うシャンプーの量が少なすぎることが要因になっていると言えます。

 

利尻昆布シャンプーはシャンプーに含まれる染料で髪を染めるのですが、染料そのもので染まるのではなく、細かく泡立った「泡」が髪に付着することで染まりますので、泡立てて使わないと期待する効果は得られません。

 

よく泡立たせるためには、シャンプー前にお湯で髪の汚れや脂分をよく落とし、お湯を髪に含ませておくと泡立ちが良くなります。

 

もう一つは、使用するシャンプーの量が少なすぎることです。上の泡立ちにも繋がりますが、シャンプーの量が少なすぎると泡で髪全体を包み込むことができず、染まりが弱かったりムラになったりする要因になってしまいます。

 

普通のシャンプーから切り替えたばかりや白髪が多めの場合は、少し多めにシャンプーを使うと染まりが改善することがあります。

 

特に、利尻昆布シャンプーに切り替える前のシャンプーがシリンコーン入りであった場合は、残っているシリコーンが髪の膜になって染料が浸透しにくくなっていることもあります。多めのシャンプーで継続して使うことで染まりは徐々に良くなってくるはずです。

 

利尻ヘアカラートリートメントと比較している

 

意外と多い理由が、利尻ヘアカラートリートメントと比較して「染まらない」と言っているケースです。

 

利尻ヘアカラートリートメントの場合は、その名のとおりヘアカラートリートメントですので、基本的には一度である程度髪にカラーが入ります。二度三度使用すればほぼ希望のカラーに染まります。

 

利尻昆布シャンプーはシャンプータイプですので、髪を染める力はそこまで強くはありません。これは性質上の違いですのでヘアカラートリートメントと比較して染まらないと言っても仕方がありません。

 

もし利尻ヘアカラートリートメントのように数度の使用で染まる白髪染めを希望されるのであれば、利尻ヘアカラートリートメントを購入されることをおすすめします。

 

継続して使用していない

 

利尻昆布シャンプーはシャンプータイプですので、染まりは非常にゆっくりで、即効性は期待できません。一度二度ではほとんど色が入らず、14〜15回ほど連続使用してようやくカラーが入ってきます。

 

私も使い始めは髪色に全く変化がなく、本当にこのシャンプーで髪が染まるの?と不安に感じましたが、使い続けているうちに徐々に髪に色が入りはじめ、2週間もすると白髪が目立たなくなっていました。

 

シャンプー1本使っても全く白髪が染まらなかった、という口コミも少数ながらありましたが、これはさすがにないのではないかと思います。

 

髪質によっても染まり具合は違うと思いますので、中には髪に色が入り始めるのが遅い方もいるかもしれませんが、正しく使っていれば、シャンプー1本使い切るころには、色の入り方に差こそあれ白髪は染まっていると思います。