最近よく耳にする『スーパーフード』って何?

最近、スーパーフードがよく話題になっています。

 

スーパーフードという言葉自体を知らなくても、具体的にどんな食べ物なのかを聞けば、聞いたことがある食品がいくつも出てくるはずです。

 

そもそも、スーパーフードとはどんな食品のことを言うのでしょうか。

 

一般的には、抗酸化力の高い自然食品の総称です。

 

スーパーフードの特徴としては、「有効な栄養成分が豊富」、「カロリーが低い」、「メディカルハーブとしての要素が大きい」というのがあります。

 

有効な栄養成分が豊富というのは、ひとつのスーパーフードを摂取するだけで、体に必要なビタミン類、ミネラル類、タンパク質などが豊富に摂取できるというような食品です。

 

カロリーが低いというのは、健康や美に関心の高い女性が好むダイエットにも適した食材という意味でも人気が高いです。

 

メディカルハーブとしての要素が大きいというのは、病気の予防や健康維持のために役立つ薬用植物としても人気が高いということです。

 

最近の野菜は、昔の野菜より色も薄くて栄養も少なくなったなんてよく耳にしませんか。

 

スーパーフードを普段の生活にプラスすることによって、栄養不足を補ったり美やダイエットの役に立つのでとても話題になっています。

スーパーフードが注目されている理由

スーパーフードは、日本でこそ知られてきたのはごく最近のことです。

 

日本では、最近できた言葉だと思う方も多いと思いますが、実は1980年頃のアメリカやカナダにはすでに存在していました。

 

食事療法を研究する医師や専門家が有効成分が飛び抜けて高い食品をスーパーフードと呼び始めたことがきっかけです。

 

2000年ごろからは低温調理法がアメリカでブームになりますが、低温調理法がスーパーフードの成分を活かすのにぴったりだったので人気が高まりました。

 

日本でスーパーフードが注目されるようになったのは、インターネットやメディアなどを通してアメリカのスーパーセレブが愛用するのを知ったことが理由にあるでしょう。

 

ミランダ・カーが朝食にスムージーを飲んでいてスーパーフードも取り入れていると聞けば日本の女性は試してみたくなります。

 

若い女性は日本の流行の発信拠点みたいなものですから、瞬く間に日本でも人気に火がつくのですね。

 

また、日本の女性の美に対する関心はとても高まっています。

 

以前は、体重を落とすことしか考えられていなかったダイエットですが、最近は、より美を保ったまま痩せることがブームになっています。

 

スーパーフードはとても栄養価が高いのに気軽に食習慣に取り入れられてしかも低カロリーなので多くの女性が求めているものなんですね。

 

だからこそ日本でもスーパーフードが注目されているのだと思います。

スーパーフードの魅力

スーパーフードの魅力は、抗酸化力の高い成分を豊富に摂取できることです。

 

抗酸化力が高い食品は、ワインに含まれるポリフェノールが代表的でした。

 

でもワインの場合、ポリフェノールは豊富に摂取できてもアルコールですから肝臓に負担がかかるなど色々なリスクもあります。

 

今、話題のスーパーフードは、日常生活の一部として体に取り入れられる食品ばかりです。

 

ワインのようにアルコールでもなければ、カロリーもとても低いのでダイエットしながらアンチエイジングしたいという人にとてもメリットがあります。

 

美のためにというのはもちろん、現代病である肥満やメタボリックシンドロームにも優れた効果を発揮するのも魅力です。

 

そのまま摂取すれば、サプリメントと違って添加物を一緒に摂ってしまうリスクもありません。

 

気軽にサラダや肉料理などの料理やスムージーなどにトッピングして毎日、気軽に摂ることができます。

 

例えばチアシードなどは、乾燥させて販売されている為、長期保管も可能です。

 

通販で気軽にスーパーフードを購入したり、ネットでレシピを検索して自分なり活用法を見つける楽しみもあります。

 

現代の食事はカロリーは上昇しているのに栄養素は加工しています。

 

スーパーフードをプラスすることでカロリー過多で栄養不足という状況を改善することができます。

 

ビタミンやミネラルなどバランスよく含んでいる為、健康的な体作りにとても最適です。